道具で違う注意点

アンケートからも見えてきた、みんなの脱毛方法。どれが良い方法なのかは、その人次第となります。使う道具のメリット・デメリットを理解し、自分の肌やライフスタイルに合ったものを使うようにしなければいけないのです。

 

 

@カミソリ・電気シェーバー
ムダ毛処理の中でも、特に需要が高い方法。最も簡単でササッと処理することができます。
カミソリはドラッグストアだけでなくスーパーでも購入できるほど身近なもの。電気シェーバーも今ではそう高いものではなくなっています。肌に合わせて選べるよう、その性能も向上しているのも人気がある理由でしょう。
ただ、肌表面に見える毛だけを剃りますから、残った毛が伸びるのは早く…しかもその先端はチクチクします。カミソリ負けして肌が荒れてしまう事もあるので注意しなければいけません。

 

A毛抜き・脱毛器
毛根から抜き取るので、新しいのが生えてくるまで時間がかかりますし、毛の先端がチクチクすることもなし。自然な生えかわりです。
ただ、ある程度の痛みは我慢しなくてはいけないこと、やりすぎたり状況によっては赤みなどのトラブルがでることもあります。

 

B除毛クリーム
痛みもなく、生えてくる毛の先端がチクチクすることもなし。最近の除毛クリームは質も高いものとなっていますから、肌のケアも同時にできるものがでてきています。
ただ、肌表面の毛を処理するので生え変わりが早いです。しかも、肌をケアする成分が入っているとはいえ、毛を溶かすための化学薬品によって赤くかぶれたり、ヒリヒリさせてしまうこともあります。

 

Cエステ
家庭で自己流におこなうよりも、はるかにその効果は高い。無駄に長引かせる事もなく、きれいな脱毛処理はもちろんのこと、永久脱毛処理もおこなえます。自分ではなかなかうまくできない部分もきれいにしてもらえるのは助かります。
ただ、人によっては肌に赤みや痛み、軽い火傷のような症状がでることがあります。また、かかる費用が高額になりがちです。